光電子繊維の魅力

皆さんこんにちは😊


本日は高機能な肌着についてお話しして

行きたいと思います。



『光電子繊維』という繊維はご存じでしょうか?



光電子とは体の温度を吸収して遠赤外線に増幅変換して再び放射する能力に優れたセラミックを繊維の中に練り込んだ糸を使用した繊維です。




体の温度(生体エネルギー)を光電子が吸収します。

吸収した温度を遠赤外線に変換するのですが、ただ変換するのではなく、増やしながら変換してくれるという大変優れモノです✨


放射された遠赤外線を人体の水分子が吸収し体内で活動が活発化し、活動が活発になった水分子エネルギーは熱に変換されます。


この繰り返しによって温熱を起こし体温バランスを整え身体を冷えから守ってくれます。


光電子繊維は靭帯から放射される体温のみを利用している為、安全性に優れた繊維で身体の70%以上が水分の人間にとって水分子を活発化する遠赤外線の力を体温域で最大限にいかし、人体の温度を最適に保温してくれ、効果は半永久的に持続する全く新しい繊維です。



安全性に優れているため上記のように世界各国で特許を取得しているほど優れた繊維であることも特徴です。


光電子繊維の主な効果は

靭帯よりも多い遠赤外線を放射する

汗を素早く蒸散するため夏場でもさわやか

温まりやすい繊維

脱いでも温かい保温力



右図は板の上に置いた光電子繊維(右)と

通常の繊維(左)をヒーターで温め続けて

2分後表面温度を測定したものです。


光電子繊維は全体が36℃程度温まっているのに対し、通常の繊維は34℃程度となっています。つまり、光電子繊維は通常の繊維と比べ温まりやすい繊維といえます。



保温効果実験について


右図は光電子繊維と一般繊維を各々30分

着用し、脱衣後の身体表温度の比較を経

時的に脱衣直後から、20分後まで観察す

ると、写真からわかるように一般繊維はその後温度が低下し続け、20分後にはサーモグラフィの測定温度範囲以下にまで低下しました。


着脱して20分経過してもサーモグラフィーは赤く示しています。

これは保温されていることを意味します✨



これだけ保温効果がある繊維であることはご理解いただけたかと思います。


では体が保温されていくとどのような変化が表れてくるのかと言いますと、

こちらはある大学で臨床実験が行われ、以下の効果が期待できるといわれております。


リラクゼーション効果

疲労回復

快適な睡眠


光電子によって体を温めていくことにより免疫ホルモンを活性化したり、活性酸素量の減少が見られ、上記のような効果が表れています。


ただ着けているだけでこれらの効果が表れてくるのは光電子繊維だから実現したことです。


これからは疲労回復や快眠、そして血行促進ができる新しい光電子繊維肌着で皆さんの健康を守れる新時代が訪れる予感…💛



次回は肌着の種類についてご紹介していきます。



34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示